那覇・栄町

2013.07.17 Wed 15:28




那覇の友達と合流して、ゆいレール安里駅すぐ近くの栄町商店街へ。
国際通り周辺に比べるとヤギ料理のお店がぐっと増える。





迷路のような狭い路地の商店街をウロウロしてたどり着いたのは
点心がおいしい「便利屋」さん。路地に並べた小さなテーブルでいただきます^^

皮がモチモチ^^焼き餃子。缶ビールはオリオン・夏いちばん!!

小龍包
めっちゃ美味しいし、この季節汗が止まりません。
屋台のような感じ^^
 






それから、「串焼き あだん」さんへ。
ここはカウンターに並べられた串を自分で選んで焼いてもらうスタイルです。
トマト巻、ニンニクが効いたズッキーニの串・・
面白い串が色々です。
泡盛は時雨と咲元。呑むぞ〜!!





宮古島東急リゾート

2013.07.12 Fri 16:47

ライフワークの沖縄旅。。諸事情で2年ぶりに行ってきました。
松山→那覇→宮古島と経由してトランジットを含めた所要時間5時間!!
宮古島に到着です。

宮古の魅力は何といっても海。宮古ブルーといわれるどこまでも青い海と白いビーチ。
7月頭は梅雨も明けて最高のコンディションです。
写真の世界を現実に手に入れることができます。


iPhoneImage.png
空港からシャトルバスで宮古島東急リゾートへ。
亜熱帯の草花が咲き、見知らぬ鳥が足元まで・・ゆったりとした時間が流れています。
若いカップルには物足りないかもしれませんが
リゾートでのんびりしたい人にはおススメです^^若くない僕にはぴったりでした。


iPhoneImage.png

iPhoneImage.png

iPhoneImage.png


チェックインしてさっそくビーチへ。
ホテルが隣接している東洋一といわれる前浜ビーチ。
全長7キロのビーチの美しさに心奪われました。

是非宮古島へ。
個人的印象ですがビーチに関してはオアフよりもバリよりも素敵です!!

夜はホテルのバーベキューレストラン。
その後はBARムーンシェルのテラスへ。





気候、ロケーション・・・リゾートで飲むカクテルは味わいが違います。
なんせ、そのまま眠れるし^^


http://www.alc-hall-addict.com/





















宮古島と那覇へ

2013.07.04 Thu 18:18

宮古島東急リゾート


前浜ビーチ


ジントニック


ブルーマルガリータ


宮古島、那覇と研修旅行?へ行ってきました。
土産話はまた後日、報告しますね^^


徳島 阿波踊り

2011.08.23 Tue 18:52
今年も行ってきました。阿波踊り!!





いったい何万人の人がいたのでしょう!!
皆さんめっちゃ楽しそう^^

市内中心部の新町川の河川敷はボードウォークになっていて
屋台が並んでいます。BARの屋台もチラホラ・・

阿波踊り。。色々な踊り、スタイルがあります。


祭りの後はもちろん飲みに。。
いい店見つけました。

アディクトHP →http://alc-hall-addict.com
kk
 

続きを読む >>

小豆島〜二日目へ

2011.03.12 Sat 23:35
昨日、夕日が見えないと気づき


っということは・・・

朝日が見える!!



でも睡魔が勝利で
二日目スタートです。


小豆島と言えばオリーブと
、映画「二十四の瞳」(監督:朝間義隆、主演:田中裕子)

ロケ用オープンセットをそのまま残し改築したも観光場所。



これがセット・・・
すごいな〜
どれも、かわいらしい昭和レトロでした。

往年の名スター

いまいち誰が誰か分かりませんが

きっと、大スター達。
唯一、勝新太郎は分かります!!
パンツ事件の人 笑





私の一番の衝撃は
田中裕子のかわいさ!!!!


撮影風景が写真で展示されていたのですが
めちゃくちゃかわいかったです。



で、オリーブ饅頭と抹茶で小腹をみたしまして




続いての名物、お醤油☆
「マルキン醤油記念館」へ

創業80周年を記念して、大正初期に建てられた工場を一部開放しているみたいです。
この建物、国の有形文化財にも登録された合掌造り。

昔の製造工程の見学しました。
お醤油独特のにおいが広がる中での見学。

見学終了後は

お醤油ソフトクリーム☆

これが、不思議。
キャラメル味でした。
美味しかった♪


佃煮アイスもありましたが
寒さが勝って一個で断念。

気になるな〜心残り・・・


で、最後に
島で唯一の酒蔵。森国酒造。

酒蔵の隣に古民家を改装した雰囲気のあるカフェ&バー
「FOREST酒蔵 森國ギャラリー」
で、お食事を。




試飲も出来ました。
日本酒が苦手な私も
飲みやすいまろやかな口当たりでした。
ふわふわ。と言うネーミングのお酒だったかな。
ピッタリなネーミングのお酒でした。

で、酒粕を使ったお汁に
島の佃煮。


佃煮ピザ

小豆島そうめん

をいただきまして、今回の旅、終了です。

近距離で、ちょっと違う空気が吸いたいときにピッタリな小豆島でした。
二日間で島をぐるりと一周。
テキパキ動けば日帰り旅行も出来るコンパクトな島。
でも、やっぱり島にいったら勿体ないので
島の時間に浸った二日間☆

とっても楽しかったです。

で、今回の反省点。
お気に入りRICOHを連れて行ったのですが、
電源を入れたり消したりするのが
一番バッテリーを使うんよ。
と、わけの分からない自論を展開して電源付けっ放しにしていたら、2日目半ばで電池切れ。
もちろん、バッテリー切れなんて思ってなかったので
充電器を持って行かず。

旅行に充電器は大切です。








nacchan


小豆島旅行〜

2011.03.09 Wed 22:34
韓国の次は島だ!!!っと、島に行ってきました。


小豆島〜。

久しぶりの船に乗っての旅。

道中最初に旅のお供、キリンをGETしまして出発です。



松山から高松港まで車で二時間。
そこから船で一時間。
近距離のプチ旅行です。



まず最初はオリーブ公園。

ギリシャ風の建物や、オリーブの歴史と魅力に触れられるスポットがたくさん。


天気も良く、白い建物が映えていました!!


オリーブの葉っぱのハート型を見つけると、幸せになれるとか。
なれないとか。。。


とりあえず、探しましたが、見つからず。
というか、探すことに飽きまして・・・

ハートの枝のキリ口発見。満足して〜

ココで、昼食。
オリーブ生地のパスタ。

と、オリーブソースのお肉。

おいしくいただきまして

エンジェルロードへ。



島から島に繋がるこの砂の道は1日2回の引き潮の時だけあらわれ、その道の真ん中で手をつないだ二人は将来結ばれる・・・。
とか、結ばれないとか〜。


潮が引きすぎた状態で到着したので、
かなり幅広い道でしたが
ベストな時間はもっと道として現れるみたいです。



島に渡ってからも続く小さな島島島。
岩の感じ、かっこよかったです。
のりの色もファンキーでした。



島猫ちゃん。
いい感じに媚びてくれます。

さすが、観光の島猫。





で、宿泊先が海が見える部屋。
ということで、
はやばや、ホテルへ。





が、夕日が見えない!!

反対やん!!

っと部屋に入ってきずきました。
決してロマンチックな人間ではございませんが
なんかね・・・

海が見える=夕日

では、なかったです。

いつものお得意の思い込みです。






でも、なかなかの眺め〜



なぜかのオリオンビール(沖縄のビール)で晩御飯まで時間をつぶして

晩御飯タイム〜

小豆島で佐賀牛♪


こちらは島の食材を沢山使ったプレート料理。



お腹いっぱいで、二日目へ〜〜〜






nacchan


コピルルハナチュセヨ3

2011.02.02 Wed 21:51
最終日です。


今日は午後の便で日本へ帰るのみ。
ゆったりした朝を迎えました。


今回はパックの旅だったので
ご飯は全てついていました。

が、


最終日は付いていない!!
お財布の中身が・・・

足りなかったら出すよとお言葉をいただいて
ホテルを出てカフェ探し。
 
 


この二日間は韓国名物ばかりだったので
無性にパンが食べたい!!
と、パン屋探し

ホテル近くにおされなパン屋なカフェを発見し食しました。

パンも美味しいし。
店員さんもかわいかった〜

なんせ押せ押せの店員さんばかりをみていたので
カウンター越しのサラリとした接客にレジが新鮮☆

で、ホテルを出発。仁川国際空港へ。
日本円で30円足らずを握って帰国です。
 
 
あっという間の二泊三日。
名残惜しい・・・
韓国人の押せ押せ接客に何度もやられそうになりましたが
嫌な気がしなかった。
きっと韓国の方のしゃべる日本語がかわいかったからだろな〜
ザッおばさん。おじさんが
じぇんじぇん(全然)大丈夫』
『ありがとうごじゃいまた』
などなど、こちらがプッと思ってしまう。
かわいく見えてしまいました。
 
 
 
 
最後に
この記事の題名
コピルルハナチュセヨ
 
唯一覚えて言った韓国語。が、一度も出番なし。
ちなみに意味は
コーヒーを一杯下さい
です。
 
 
また行ってやる韓国!!
今度はフリープランで。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
nacchan
 


 

 前回韓国記事のリベンジです!!
バックちゃう前にサクサク〜と紹介します。



二日目の見学二箇所目は
昔の韓国の一般家庭のお屋敷。
(一般といっても良いほうの位と思われます。)


一つの敷地の中に何世帯も住むので広いです。
調理場、就寝部屋など各用途に合わせて部屋があると言うより
家があります。

調理場。

客室。

この代は先祖を祭る部屋。

キムチの貯蔵庫。
韓国の冬は極寒です。
凍らない為に貯蔵するみたい。

敷地の中では

ドラマの撮影も!!

韓国では屋根のソリがポイントらしい。
このソリがキレイに描かれることが職人技術の見せ所で
家の位を表していたみたいです。


見るのと説明を聞くのに夢中で良い写真がとれてなかった〜
残念。

 

そして少し遅めの昼食ビビンバ!!

コチュジャンを入れすぎて辛いと訴える友達を笑って
お腹みたして
 
 


午後からはお買い物タイム!!
鼻息荒く乗り出しました。
 
 
とりあえずお目当てのコスメをゲットしに。
 
ココからは前夜のエステのおばちゃんが彷彿。
店員さんの押しが強ーい!!!
呼び込みがマイク付き。
 
歩いている反対側のお店から
『おねさーん』
と叫ばれたり、
『そこ違うよ。こっちだよ。』
と、勝手に目的地を決められたり。
買わない素振りを見せようものなら
急に素っ気無く・・・
 
なんだか無駄にパックやらクリームを買って
 
明洞 ミョンドンへ。
平日なのにすごい人人人。
 
耳を澄ませば日本語。
 
道に迷ってもへっちゃら〜。
日本人捕まえて道を教えてもらいながらのお買い物でした。
 
 
そして晩御飯
海鮮鍋。
締めにうどんを入れたりと日本の鍋と一緒でした。
お腹一杯に韓国ビールを飲みまして



南大門 ナンデムンへ。


 
『完璧な偽物あるよ〜』
 
ん??完璧な偽物??
日本語あってるのか??
 
某ブランドのトランクスを買いました。
きっと、トランクスなんて出してないはず・・・
ウケ狙いでお土産様に買いました。
 
結果は苦笑い。
ですよね〜。
 
 
で、途中、友達が店員さんに肩を組まれ
頭をなでられ
店の奥へ・・・
プチ拉致事件発生!
私は何も出来ずにハラハラ笑。
自力で生還してました。
 
 
 
 
 
 
そんなこんなで
気がつけば深夜12時。
 
 
 
足が・・・・。
 
棒。
 
 
 
 
 
お財布の中身
日本円で1000円少々を残してタクシーでホテルへ帰宅。
 
 
 
就寝です。
 
 
最終日へ続きます。
 
 
 
 
 
nacchan

コピルルハナチュセヨ2

2011.01.26 Wed 23:03
 ピンポン ピンポン

パリパリ〜!!!
とオミソに起こされました。

集合時間7:40
現在7:50

完全に遅刻!!!!

やっちまったと10分で準備して
バスの中でツアー参加者に平謝りして

韓国式朝食へ〜


わかめスープ☆というか、わかめ。
眠気眼なので味を覚えていませんが
おなかを満たして

いざ観光。
まずは景福宮(キョンボックン)。


街中にある世界遺産
バックは現代ビル。

門の前では守門将の交代儀式。



細部にまで細かい細工。
原色使いのイメージを持ってましたが
かわいらしい色使いに模様。



どことなく沖縄の風が〜極寒ですが!






そして
チャングムの舞台へ

とりあえず、顔をはめ込んで






この屋敷は比較的一般的なお家らしい。
とてつもなく大きいですが、何世代にもわったって敷地内に住むみたい。
田舎の隠居とか母屋のイメージです。


っとここで、パソコンの調子がものすごく悪い・・・
書いた記事を消すこと4回。
ギブアップです。
なんだか、奥歯が痛い。
ムキッー!!!!






気持ちの悪いキリですが今回はここまでで
すみません。

そして、続きます。
アニョハ。




nacchan
 

コピルルハナチュセヨ〜

2011.01.23 Sun 13:47
 格安パックに円高ウォン安☆
最高だ〜と韓国に行ってきました。

最高気温マイナス10度
最低気温マイナス17度


韓国観光も初めてでしたが、この気温も初めての体験。
極寒。
この一言につきます。
どうりで、旅費が安いはず!!

寒さに負けずに観光してきました。



今回はツアー付のパックに参加。
バスガイドはオースミン。

通称オミソ。
田嶋先生そっくりなパワフルなガイドさん。

パリパリ〜パリパリ〜
ハングル語で早く早く。という意味ですが
なんどもなんども言われました。
オミソがせっかちなのか、韓国人がせっかっちなのか。。。
はたまた、私がのんびりなのか。
とりあえず、何度も何度もパリパリとお尻を叩かれながらの観光。


一日目、まずは晩御飯からのスタート。

プルコギに韓国ビールのMax。
めちゃ旨い。
韓国は必ず、キムチやらナムルやチャンジャ等等サブの小皿が沢山付きます。
それだけでも、十分ビールの御摘みになるし、美味しい!!
メインのプルコギは甘めでなお最高でした。



おなかを満たして
ホテルにチェックイン。

格安パックなので期待していませんでしたが
かなりよかった☆
綺麗〜

でも、イルミネーションがクリスマス・・・
このホテルだけではなく、街の至る所がクリスマス。
そして、お正月。
う〜ん。日本では考えられないな。
なんか、韓国っぽいと勝手に納得して

よなよな
韓国式エステに行きました。
韓国式温泉にあかすり。
プラス毒出しエステにチマチョゴリを着ました。

当初は温泉にアカスリのみの予定でしたが
格好のカモの日本人。
それだけで終れるわけもなく、

私たち御一行は個室に入れられ・・・

私、51歳。
綺麗でしょ!!
見えないでしょ!!
お肌トュルトュルでしょ!
皆さん、綺麗になりたいでしょ!!
これしたら、これも付けるよ。
どれ?どれにする??

っと。Noがなく空気に呑まれ
気がつけばオプションを付けている自分が・・・

そんなこんなでエステ開始。
写真は用意出来ませんが

イメージはまな板の上のジャガイモ!!

あれよあれよと、右へ左へひっくり返されゴシゴシ。
こちらの羞恥心も関係なくゴシゴシ。
キャーッッッ。

そして
オイルマッサージに海鮮パック☆
自分に胸なんてついてないのではないかと思うくらい
ブルンブルン撫で回され
エステのおばちゃんのお腹に頭突きしながら
はい。終了。

そして
上半身毒出しエステ。
背中に沢山の吸引ポットをつけて毒だししました。

エステ時間、締めて三時間。
お小遣いの4分の1強を初日に使い
深夜2時にホテルに帰宅しました。



韓国日記まだ続きます〜
アニョハ。





nacchan